« 2008年07月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月 アーカイブ

2008年10月26日

チェック柄とウェスタンブーツ

今週も貴子さんの画像をご紹介します。
「チェック柄の服で縛られた姿が見たい」とのリクエストを頂戴していましたので、手元に貴子さんがチェックのシャツで縛られた画像がありましたのでアップしました。

先週ご紹介したダウンジャケットの下がチェック柄のシャツでした。
口には詰め物をして、コブ付きの猿轡をしっかりと咬ませています。足元は、短めのウェスタンブーツです。
目元にモザイクを入れていますので、ここではよくご覧いただけないのが残念ですが、貴子さんは猿轡とロープが似合う本当に可愛らしいモデルさんです。

2008年10月19日

ダウンジャケット その2

以前、ダウンジャケットを着た貴子さんを縛った画像をご紹介しましたが、それと同じ時に撮影したものです。
猿轡は豆絞りにコブを作ったものを咬ませています。

ダウンジャケットでの縛りというのは、好き嫌いが別れるところのようです。デンマークに住んでいる私の友人で緊縛と猿轡が好きでボンデージのモデルをしている女性は、「ダウンジャケットを着たままでは拘束感が薄いので好きではない」といっていました。
しかし、世の東西ににはいろいろなフェチがあるものでして、ヨーロッパのサイトでダウンジャケットやスキーウェア姿の女性ばかりが縛られたビデオをアップしているところもありました。
私自身は、ダウンジャケットにロングブーツといういでたちに、とても魅力を感じます。

2008年10月18日

ふたりのアメリカンポリス

継続は力なり・・・頑張って更新します。
コスプレイヤーのレイさんとルイさんがモデルになってくださった時の画像です。
私はこのPVCのアメリカンポリスのコスチュームが大好きで、しかもふたり一緒に縛られて猿轡されたシーンを撮影できて、まさに夢のようでありました。

後手にしっかりと縄を掛けたふたりをベッドに座らせて、足首もブーツの上から縛っています。ふたり一緒だとロープの本数が足りなくなって、膝を縛れなかったのが残念ですが。。。
口にはしっかりと猿轡を咬ませています。ルイさんは覆うタイプで、レイさんはサテンの布で口を割って咬ませています。

2008年10月13日

コブ付き猿轡

題名だけだと何の色気もありませんが。。。
3連休で時間が取れたので貴子さんの画像をアップします。
撮影自体はかなり前のことなのですが、ファンの方のリクエストにお応えして貴子さんにコブ付きの猿轡を咬ませた画像です。

小さな折りたたみイスに座った貴子さんを、両腕と胸の周りを縛り、膝の上下、そしてブーツの上から足首もガッチリと縛ります。
次に貴子さんの口にコブを作った布で猿轡を咬ませます。けっこう大きなコブなので、貴子さんの顔がゆがんでしまいます。顎の感じから、猿轡がしっかりと咬まされているのがおわかりいただけると思います。私は基本はボールギャグ派なのですが、こういう猿轡も非情な感じがしてとても素敵に思えます。

2008年10月12日

囚われのミストレス(続)

1週間のご無沙汰でございました。
今週は、日本が世界に誇るボンデージモデル、ちひろさんがゴールドの女王様風のコスチュームを着て縛られる画像集の続きをアップしました。

女王様が胡座縛りに縛り上げられ、口にはハーネスギャグをガッチリと咬まされてしまいます。
口惜しげな表情を魅せながら、床の上でもがくちひろさんが何ともセクシーです。

2008年10月05日

ご無沙汰していました

暑かった夏が過ぎ、季節はすっかり秋になってしまいました。
約3か月もの間、更新が滞ってしまい楽しみにしてくださっている皆様には大変申し訳ありませんでした。
今日から再開して、また少しずつ画像をアップしていきたいと思います。
久しぶりに貴子さんの画像をご紹介します。

ナース服姿の貴子さんを撮影した際のシリーズです。口には詰め物をして、サテンの布で猿轡を咬ませています。後半はボンデージテープでしっかりと口を覆ってしまいました。
初期のころの作品なのでライティングがイマイチで顔が暗くなっているのが少し残念です。

更新が滞っているあいだに、50万ヒットを突破しました。
このような個人の趣味のサイトに大勢の方が訪れてくださって感謝いたします。
これからも細く長く続けていけたらと思っておりますのでどうぞよろしくお願いいたします。

About 2008年10月

2008年10月にブログ「東京緊縛 Tokyo Bondage Review」に投稿されたすべてのエントリーです。新しいものから過去のものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2008年07月です。

次のアーカイブは2008年11月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.35